環境省、第4回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の表彰式を開催

2月20日、環境省は第4回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の表彰式を行った。本アワードは、ESG金融に積極的に取り組む金融機関、諸団体や環境サステナブル経営に取り組む企業を評価・表彰し、その内容をESG金融や環境サステナブル経営に取り組む多くの関係者と共有することを目的としている。

【投資家部門
金賞:第一生命保険株式会社
銀賞:三菱UFJ信託銀行株式会社
銅賞:ニッセイアセットマネジメント株式会社
   ロベコ・ジャパン株式会社
特別賞:明治安田生命保険相互会社
    株式会社SDGインパクトジャパン

【間接金融部門】
金賞:株式会社静岡銀行・静岡県信用保証協会
   株式会社三菱UFJ銀行
銀賞:株式会社滋賀銀行
銅賞:株式会社福岡銀行
特別賞:株式会社琉球銀行

【資金調達者部門】
金賞:三菱地所株式会社
銀賞:オリックス不動産投資法人
銅賞:NTTファイナンス株式会社
   九州旅客鉄道株式会社
特別賞:株式会社JPX総研

【金融サービス部門】
金賞:ブルームバーグ・エル・ピー(評価・情報提供部門)
銀賞:三井住友海上火災保険株式会社(保険部門)
   みずほ証券株式会社(証券部門)
銅賞:東京海上日動火災保険株式会社(保険部門)
   FTSE Russell(評価・情報提供部門)
特別賞:該当なし

【環境サステナブル企業部門】金賞:アサヒグループホールディングス株式会社
   味の素株式会社
銀賞:伊藤忠商事株式会社
   積水化学工業株式会社
   積水ハウス株式会社
   東京海上ホールディングス株式会社
銅賞:株式会社アイシン
   セイコーエプソン株式会社
   富士通株式会社
特別賞:株式会社INPEX
    株式会社オカムラ
    キリンホールディングス株式会社
    三井化学株式会社

【参照ページ】
第4回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」受賞者の決定について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る