キリン、国内初ビール製造時の副産物から化粧品包材を開発

国内初、ビール製造時の副産物から化粧品包材を開発

12月15日、キリンホールディングス株式会社と株式会社ファンケルは、環境保護に関する取り組みの一環として、「キリン一番搾り生ビール」製造時の副産物であるビール仕込粕から抽出したヘミセルロースを用いて、国内の化粧品業界として初めて、化粧品包材を開発した。

本包材は石油由来の原料を使用せず、植物由来のヘミセルロースを採用することで、二酸化炭素の発生を抑え、地球温暖化防止に貢献することができる。

ファンケルは環境に配慮し、パウダーファンデーションなどのコンパクトケースを繰り返し使用する製品には、レフィルを販売して、コンパクトケースの再利用が出来るようにしている。現在、レフィルに使用している包材の材質には一般的な石油由来のPET素材を使用しているが、さらなる環境配慮を目指した包材の研究開発を行った。

キリンでは、ビールを製造する際の副産物であるビール仕込粕を所有しており、ヘミセルロースを原料とするバイオマスプラスチックの研究開発・製造をしている株式会社事業革新パートナーズの協力を得て、ヘミセルロースを効率的に抽出し、加工する技術研究を進めていた。本技術を応用し、ビール仕込粕由来のヘミセルロースを活用したレフィル用包材の研究を進めた。当包材に用いる樹脂材料およびシートの研究・開発・製造は、キリン、ファンケル、事業革新パートナーズが共同で行った。

今後、キリンは「一番搾り」のビール仕込粕から抽出したヘミセルロースで製造したシートを、さまざまな製品の包材に応用することも検討していくという。

【参照ページ】
国内初、ビール製造時の副産物から化粧品包材を開発

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る