東京ガス、豪州LNG4プロジェクトの権限を売却

10月21日、東京ガスは、同社の豪州子会社である Tokyo Gas Australia Pty Ltd(TGAU)の子会社5社(4プロジェクト)を、エネルギー・インフラ分野に特化した機関投資会社EIG Global Energy Partners, LLC(EIG)の子会社 MidOcean Energy Holdings Pty Ltd(MidOcean)に譲渡することを決定し、契約を締結した。

同社は2003年以降、5件の豪州 LNG プロジェクトへ参画し、LNG 上流権益の保有事業を拡大してきた。 今回の売却が実現すると、同社がオーストラリアで参画しているLNGプロジェクトは、ダーウィンLNGのみとなる。

東京ガスは、グループ経営ビジョン「Compass2030」実現のための具体的道筋である「Compass Action」において、成長領域への原資配分のために資産ポートフォリオの見直しを進めている。今回の譲渡は同戦略に基づくもの。なお、今回の譲渡に伴う LNG 調達への影響はないという。

株式譲渡契約の締結を受け、今後各プロジェクトパートナーとの協議・説明を経て譲渡を進めることが確定した場合には、MidOceanに対して最終的に、Tokyo Gas Pluto Pty(TGP)、Tokyo Gas Gorgon(TGG)、Tokyo Gas QCLNG(TGQ)、Tokyo Gas Ichthys(TGI)、Tokyo Gas Ichthys F&E(TGF)の譲渡を行う予定だ。完了時期は2023年3月以降になる見込み。

【参照ページ】
当社子会社による豪州プロジェクト保有会社5社の株式譲渡(連結子会社の異動)に関するお知らせ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る