近鉄エクスプレス、ルフトハンザカーゴとSAF供給契約を締結

9月27日、近鉄エクスプレスは、ルフトハンザカーゴAGとの航空貨物輸送におけるSAFの使用に合意した。2022年10月から2023年9月までの1年間で、CO2総排出量の約5%を削減する。また、SAF の製造・供給時に発生する CO2、いわゆる Well-to-Tank排出を、認定済み気候保護プロジェクトの採用により相殺することを決定している。

近鉄エクスプレスは、SAF の使用に加え、SAF の供給で発生する温室効果ガスの追加削減にも取り組んでいる。非営利団体myclimateが提供するGold Standardや Plan Vivoといった最も厳格な独自の品質基準を適用した高品質のオフセットプロジェクトを採用し、完全なカーボンニュートラルを目指す。

ルフトハンザカーゴAGによると、SAFを利用することで航空貨物輸送における CO2 排出量を約 80%削減できる。同社は既に、2022年の年間化石燃料使用量の約2%をSAFに置き換えられるようになったという。

【参照ページ】
フトハンザ カーゴと近鉄エクスプレス、持続可能な航空燃料(SAF)の供給契約を締結

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る