Panasonic、カンザス州と約5,500億円のEV用電池工場を計画

Panasonicとカンザス州が約5,500億円のEV用電池工場を計画

7月14日、Panasonic Groupのリチウムイオン電池会社であるPanasonic Energyは、カンザス州で40億ドル(約5,500億円)のリチウムイオン電池製造工場の建設計画について、同州と合意したと発表した。

今回の発表は、自動車メーカーが保有車両の大幅な入れ替えを計画していることから、北米における電気自動車用電池の需要が今後数年間で急増することを受けたものだ。自動車業界をリードするGM、フォード、ステランティスは、それぞれEV生産能力への大規模な投資計画を発表している。バイデン政権は昨年、2030年までに米国での新車販売の半分をゼロエミッション車にすることを義務付ける大統領令に署名し、今年3月には国内のバッテリー生産、サプライチェーン開発、リサイクルを支援するために数十億ドルの資金を割り当てた。

【関連記事】バイデン政権、約4,000億円をEV用電池のサプライチェーンと生産の開発に充当

カンザス州は、投資誘致のために同州が設立した奨励制度「Attracting Powerful Economic Expansion(APEX)」に基づき、10億ドル(1,400億円)以上の投資を約束した特定業種の企業を対象に、 Panasonicの申請を承認している。

デソト市に建設されるこのプロジェクトは、約40億ドル(約5,500億円)の投資と、最大で4,000人の新規雇用を創出する見込みだ。

【参照ページ】
(原文)Panasonic Energy and Kansas Partner to Advance Plans for US-based EV Battery Facility
(日本語訳)パナソニック エナジーとカンザス州が提携し、米国のEV用電池施設計画を推進

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る