ローソン、スターバックスと連携。リユースカップの実験へ参画

4月4日、丸の内エリアのローソン4店舗は、スターバックスが実施するコーヒーカップのリユース実験に参加した。

今回の取り組みは、昨年11月に丸の内エリアのスターバックス10店舗で開始したリユース実験に続くものだ。ローソンとスターバックスは7月31日までの実施を予定している。

本実験は、NISSHA株式会社とNECソリューションイノベータ株式会社が提供する容器リユースサービス「Re&Go(リーアンドゴー)」を活用。LINEアカウントとリユースカップのQRコードを利用し、容器の貸出・返却を行う。 対象店舗でのプラスチック削減に加え、他業態であるローソンとスターバックスの連携により、購入店舗だけでなく実証対象店舗どこでも返却可能とし、利用者の利便性の向上と利用促進を図る。

【参照ページ】
コーヒーカップの他業態とのリユース実験に参画

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る