MUFG、環境・社会ポリシーフレームワークの厳格化を発表。一般炭への融資を全面禁止

 

4月1日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は気候変動への影響が懸念されるセクターポリシーの厳格化を含む「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」の改定を発表した。今回は「石油・ガスセクター」「工業セクター」「パーム油セクター」において改定が行われている。

「石油・ガスセクター」では、従来からファイナンスの検討において強化デューデリジェンスなどを実施してきたが、今般、「ファイナンスに際して特に留意する事業」に追加し、環境・社会に対するリスクまたは影響を特定・評価するプロセスを明確化する。

「工業セクター」では、従来から山頂除去採掘方式での石炭採掘事業へのファイナンスを禁止していたが、今般、気候変動等への影響を踏まえ、発電事業向けの新規の一般炭採掘事業へのファイナンスを禁止した。

「パーム油セクター」では、従来からファイナンスを検討する際、認証の取得や取得に係る行動計画の提出など、顧客の環境・社会配慮の実施状況を確認する旨を定めていたが、今般、取得を求める認証をRSPO に限定した。

本フレームワークは5月1日から適用を開始する。また、MUFGは事業活動の変化やビジネス環境の変化に応じて引き続き定期的に見直しを行い、高度化を図っていく。

【参照ページ】
「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」の改定について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る