九州電力と西部ガス、LNGを燃料とした発電所開発で協働

12月23日、九州電力株式会社および西部ガス株式会社は、共同で事業化検討を行ってきた北九州市響灘地区におけるLNG(液化天然ガス)を燃料とした発電所について、開発することを発表した。

出力は62万キロ・ワットで、2025年度末の運転開始を目指す。電力と都市ガスのライバル企業同士が脱炭素化に向けて協力することとなる。九電が8割、西部ガスが2割を出資して運営会社を22年4月にも設立する。建設するのは、西部ガスのLNG基地の隣接地で、23年1月に着工する。

本発電所は、発電方式に蒸気と排ガスを利用してタービンを回す最新鋭のコンバインドサイクルを採用し、カーボンフリー燃料(水素等)の活用を視野に入れた設備となっている。

本発電所の開発により、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた、九州地域の発電設備の低・脱炭素化を進めることが可能となる。

今後、両社は、2022年度始めを目途に本計画の実施主体となる合同会社を設立し、本開発を進めていくとしている。

【参照ページ】
北九州市響灘地区における最新鋭「LNGコンバインドサイクル発電所」の開発を決定しました

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る