Aviva InvestorsとPar Equity、林業投資による140万トンの炭素吸収を目指す

Aviva InvestorsとPar Equity、林業投資による140万トンの炭素吸収を目指す

12月20日、Aviva plcのグローバル資産運用ビジネスであるAviva Investorsと、スコットランドに拠点を置く林業投資ファンドマネージャーPar Equityは、森林の創出と泥炭地の復元スキームを実施するための投資ビークルを立ち上げると発表した。

AvivaとParは、この新しい投資事業体を通じて、スコットランド北東部ウェストアバディーンシャーのグレンダイ地区にある6,300ヘクタールの湿原を取得し、この土地で泥炭地の再生と新たな植樹プロジェクトを実施する計画である。本プロジェクトは林業管理団体であるScottish Woodlands Ltd.が設計・管理する予定だ。

このプロジェクトは、Aviva Investorsの気候変動基金の一部を構成し、2040年までに同社の実物資産プラットフォーム全体でネット・ゼロを達成するというコミットメントに貢献することになる。Aviva plcもまた、2040年までにScope1、2、3の炭素排出を含む事業全体でネット・ゼロを達成することを約束している。

自然の生態系を保護・回復するプロジェクトなど、自然ベースのソリューションは、世界の脱炭素化目標を達成するための重要なツールのひとつになると期待されている。自然共生型ソリューションの定義に含まれるプロジェクトは、森林や湿地の再開発に焦点を当てたものが多く、土地を保護または変換し、生物多様性を改善し、自然が環境からCO2を吸収することを可能にする。

【参照ページ】
(原文)Major peatland restoration, carbon capture & woodland creation scheme announced following acquisition of Glen Dye Moor
(日本語訳)Glen Dye Moorの取得に伴い、大規模な泥炭地の復元、炭素回収、森林の創出計画を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る