ソニーグループ、SBTiによるネット・ゼロ目標の認定を取得

ソニーグループ、ネットゼロ目標の認定を取得

9月15日、ソニーグループ株式会社は、「Science Based Targets initiative (SBTi)」によるネット・ゼロ目標の認定を取得した。

同社は、2010年にグループ全体で地球環境に及ぼす負荷を2025年までにゼロにすることを目指す長期環境計画「Road to Zero」を掲げてから、気候変動、資源、化学物質、生物多様性の4つの視点からの取り組みを行ってきた。このうち、気候変動目標については、今年の5月に、達成年の前倒しを発表した。具体的に、スコープ1から3までを含むバリューチェーン全体でのネット・ゼロ目標を2050年から2040年へ前倒し、また、スコープ1、2の排出は2030年までにネットゼロとするというものだ。

ソニーは中間目標として、2030年までにスコープ1、スコープ2でのカーボンニュートラル達成、同年までに100%再生可能エネルギー転換を掲げた。

【参照ページ】
ソニー、SBTiからネットゼロ目標の認定を取得

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

    2023-3-14

    独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

    2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP)&n…
  2. bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

    2023-3-14

    bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

    2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資…
  3.  

    2023-3-14

    成田国際空港と東京ガス、「株式会社 Green Energy Frontier」を設立・事業開始

    2月20日、成田国際空港(NAA)と東京ガス株式会社(東京ガス)は、成田国際空港にエネルギー供給を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る