WWFジャパン、海洋生態系に害のある漁具の海洋への流出防止へ

WWFジャパン、海洋生態系に害のある漁具の海洋への流出防止へ

国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)ジャパンとテラサイクルジャパン合同会社は8月3日、海洋生態系に深刻な被害をもたらす漁具の海洋への流出を防ぐべく、漁具を適切に管理し、使い終わった漁網の回収・リサイクルを促進していくための基本合意を締結したと発表した。

背景について、令和1年に環境省が策定したプラスチック資源循環戦略の重点戦略には「漁具等の陸域回収徹底」が盛り込まれたこと、水産庁も 「漁業におけるプラスチック資源循環問題に対する今後の取組」において漁具の適切な管理やリサイクル技術の普及の必要性に言及したことなどを挙げ説明した。

今後 WWF ジャパンとテラサイクルは、地域の漁業協同組合や自治体などと連携し、使われなくなった漁網を回収し、廃棄漁網を資源として再度活用できるような取り組みを開始する。

【参照ページ】漁具の海洋流出を防ぐ枠組み目指し、基本合意を締結

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る