仏規制当局AMF、グリーンウォッシュへの対応とESG報告基準の策定を優先課題に

仏規制当局AMF、グリーンウォッシュへの対応とESG報告基準の策定を優先課題に

1月5日、フランスの金融市場監督機関であるAutorité des marchés financiers(AMF)は、2022年の最優先事項を発表し、今後1年間に取り組むべき主要な分野を概説した。規制当局が特定した最重要分野の中には、持続可能性報告基準の策定とグリーンウォッシュリスクからの投資家保護が含まれている。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る