EU理事会、EUタクソノミー気候委託法令を最終承認

12月9日、欧州理事会は、EUタクソノミークラフト委任法(DA)を承認し、気候変動の緩和および適応の目的に実質的に貢献する活動に対する技術的審査基準(TSC)の採用をEU法として確認した。

今回の気候変動対策委任法の採択は、以下の理由から重要な成果となる。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 北米の大手銀行、共同で気候変動リスク管理基準を策定

    2022-1-18

    北米の主要大手銀行19行、コンソーシアムを立ち上げ気候変動リスク管理基準を策定

    1月12日、Bank of America、Wells Fargo、Royal Bank of C…
  2. Carlyle、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ1億ドル超の投資を発表

    2022-1-18

    カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

    1月14日、グローバルな民間資本投資会社であるCarlyleグループは、コミュニティ規模のクリーン…
  3. bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    2022-1-18

    bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    1月17日、エネルギー大手bpはオマーンのエネルギー鉱物資源省と新たなパートナーシップを結び、20…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る