ICMA、EUタクソノミー規則委託法令の改訂要求

10月28日、 ICMAは、EUタクソノミー規則第8条で中央政府、中央銀行、超国家的発行体が発行するグリーンボンドおよびサステナビリティボンドの取り扱い案に関するコメントを発表した。本発表では、これらの発行体によるグリーンボンドおよびサステナビリティボンド発行のさらなる成長と市場全体の発展に対するネガティブな影響が指摘された。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Arabesque

    2021-12-2

    アラベスクと金融機関連合、無料のESGデータソース「ESG Book」を立ち上げ

    HSBC、ドイツ銀行、GRIを含む金融機関、投資家、サステナブル投資に特化したサービスプロバイダー…
  2. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  3. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る