バドワイザー、プラスチック樽「PureDraught」販売 二酸化炭素排出量削減へ

バドワイザーは、脱炭素化への貢献を目指し、軽量かつPET/プラとしてリサイクルが可能なプラスチック樽 「PureDraught(ピュアドラフト)」の販売を開始すると発表した。

「PureDraught(ピュアドラフト)」の採用によって、スチール樽返却による運用コスト・エネルギー(二酸化炭素排出量)を軽減することで脱炭素化への貢献を目指す。

通常生ビールを提供する際はスチール樽の使用により樽の回収が発生し、その返却輸送過程で多くの二酸化炭素を排出してしまうが、 今回バドワイザーが採用した「PureDraught(ピュアドラフト)」は回収の必要がなく、今までより二酸化炭素量の削減が見込まれる。このプラスチック樽の本体はポリエチレンテレフタレート(PET)を使用しており、PET/プラとして処分することが可能である。

また、『PureDraught™ (ピュアドラフト)』にすることで鮮度を維持する期間が長くなり、廃棄ロスを削減できる等、様々なメリットが加わった。

【参照ページ】バドワイザー初の鮮度維持を可能にする『 PureDraught(ピュアドラフト)』の導入で脱炭素化への貢献を目指す

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2021-11-29

    ENEOSの傘下のJX石油開発、英資源開発事業を売却

    11月26日、ENEOSホールディングス傘下で石油や天然ガスなどの開発を手掛けるJX石油開発は、英…
  2. 2021-11-29

    Citi、Breakthrough Energy Catalystとのパートナーシップを発表

    11月2日、Citiは、2050年までのネット・ゼロ・エミッション達成に向けてクリーン・エネルギー…
  3. LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    2021-11-29

    LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    11月23日 、GEのリニューアブル・エナジー事業であるLM Wind Powerは、2030年ま…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る