バリュエンス、国際イニシアティブ「The Fashion Pact(ファッション協定)」に加盟

バリュエンス、国際イニシアチブ「The Fashion Pact(ファッション協定)」に加盟

12月12日、「Circular Design for the Earth and Us」をパーパスに掲げ、大切なことにフォーカスして生きる人を増やすことを目指すバリュエンスホールディングス株式会社は、2022年10月に「The Fashion Pact (ファッション協定)」に加盟したことを発表した。今後同社グループは、サーキュラーエコノミー実現のための取り組みをさらに強化していく。

「The Fashion Pact」は、2019年8月、南フランス・ビアリッツで開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、フランスのエマニュエル・マクロン大統領からケリングの会長兼CEOであるフランソワ・アンリ・ピノー氏に託されたミッションとして発表された。本イニシアティブは地球温暖化の緩和、生物多様性の復元、海洋の保護という3つの分野において、実践的な目標を協力して達成することを表明している。現在「The Fashion Pact」に参加する企業はファッションおよびテキスタイル業界の70社以上、200以上のブランドにおよび、当社グループは日本企業として2社目、リユース業界では初めての加盟となる。

同社グループは2011年の設立以降、ブランド品や骨董・美術品のリユース事業をビジネスの中核に置きリユースの普及促進を通じて国内外でサーキュラーエコノミー推進に注力してきた。2021年5月には国内リユース業界としては初の取り組みとして、LCAの手法を活用した環境フットプリントの削減貢献量を算定し「Resale Impact」として公開した。またこれを皮切りに2022年5月以降、ヴィンテージ・ブランドショップ「ALLU(アリュー)」の全店舗とオンラインストアにて販売する大半の商品タグや商品情報に、二酸化炭素排出や水使用の削減貢献量を記載している。今回の「The Fashion Pact」への加盟により、ビジネスの中核であるリユース事業のさらなる推進はもちろんのこと、社会的課題と向き合い、国内外におけるサーキュラーエコノミー拡大に向けて活動を強化していくという。

【参照ページ】
バリュエンス、国内リユース企業初、日本企業としては2社目となるファッション・テキスタイル業界の企業が参画する環境負荷低減に向けた国際イニシアチブ「The Fashion Pact(ファッション協定)」に加盟

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る