農水省、「みどりの品種育成方針」を策定

農水省、「みどりの品種育成方針」を策定

12月21日、農林水産省は「みどりの品種育成方針」を策定したことを発表した。

農林水産省は、持続可能な食料システムを構築するため、令和3年5月に食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略(みどり戦略)」を策定した。また、令和4年7月に施行されたみどりの食料システム法により、政府として強力に推進していくこととしている。

【関連記事】農林水産省、みどりの食料システム法の本格運用をスタート

本方針では、「みどり戦略」の目標達成に資する品種育成とその迅速化を図るスマート育種基盤の構築に向け、その手順や到達目標、同基盤の活用を核としたこれからの作物育種の方向性を示した。

概要として、主に下記の2点が挙げられる。

(1)品種開発力強化に関する目標

化学農薬・化学肥料の使用量低減や気候変動への対応等、みどり戦略の達成に向けた各作物の主要な育種目標と対応方向を整理。

(2)スマート育種基盤充実・強化の目標及び手順

我が国の品種開発力の底上げを実現するために必要となるスマート育種基盤の充実・強化に向けた目標や手順を整理。品種育成を強力に推進するための国家的育種インフラを整備し、国研、公設試、大学、国内民間企業等の品種開発力の充実・強化を推進。

【参照ページ】
「みどりの品種育成方針」

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る