三井不動産、国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル建設に着手

三井不動産、国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル建設に着手

1月11日、東京・日本橋にて、三井不動産は国内最大・最高層の地上18階建ハイブリッド木造賃貸オフィスビルの建設をに発表した。ビルは高さ84mで、延床面積は約28,000m2。竣工予定は2026年9月で、設計・施工は竹中工務店が担当する。

同ビルは、三井不動産グループが保有する林木を活用し、国産木材を構造材として約1,100m3以上使用する。特に、北海道にある同グループの約5,000haの森林から取得した木材を使用することで、国産材の活用や国内林業の振興を図る。一般的な鉄骨造オフィスビルと比較して、躯体部分の建築時二酸化炭素排出量を約30%削減できる見込みである。

ハイブリッド木造建築の実現に向けて、竹中工務店が開発し大臣認定を取得したCLT材活用の耐火集成材「燃エンウッド」を導入する。また、ZEB Ready認証やいきもの共生事業所認証(ABINC認証)の取得を目指し、フィルム型ペロブスカイト太陽電池の導入や建築廃材のアップサイクルも計画されている。

三井不動産は、建築時の温室効果ガス(GHG)排出量算出において、不動産協会が策定した「建設時GHG排出量算出マニュアル」をオフィスビル物件として初めて活用する。

同ビルには、三井不動産初となる都心型の賃貸ラボ&オフィス「三井リンクラボ」が一部フロアに整備される予定である。さらに、屋上には有機肥料を用いた水耕栽培システムや省エネ効果が期待される室外機芋緑化システムも導入される。水耕栽培システムには、NewSpaceが開発した有機農法技術が導入される。

本プロジェクトは、建設業界において環境に優しい技術や再生可能な素材の導入により、持続可能な建築への一歩として注目されている。

【参照ページ】
国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル着工

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る