SIIF、日本の2021年度インパクト投資残高を1兆3,000億円超と発表。前年度比2.5倍に

4月26日、一般財団法人社会変革推進財団(以下、SIIF)は、「日本におけるインパクト投資の現状と課題 2021 年度調査報告書」を公開。その中で、アンケート調査結果から2020年度末時点の日本におけるインパクト投資残高が1兆 3,000億円を超え、前年度のインパクト投資残高の 5,126 億円から 2.5 倍と急成長したことを発表した。

調査方法としては、金融機関・機関投資家を対象としたアンケート調査を実施しており、580社に調査票を配布し、77社が回答した形となっている(回収率13.2%)。同報告書の構成としては、投資家へのアンケート調査の分析が中心であり、第1章では「インパクト投資の定義や発展経緯」について、第2章では「インパクト投資家アンケート調査分析」について、第3章では「インパクト投資家・起業家の事例紹介」について、最後にインパクト投資業界3人の有識者からの寄稿を掲載している。

本報告書では、インパクト投資におけるグローバルな課題として、インパクト評価・マネジメントの手法の未成熟さ、インパクトに関するデータの比較・大量処理の困難さ、インパクトウォッシュの懸念が挙げられている。また、日本特有の課題としては、金融のもつ潜在力に対する個人投資家や年金・保険加入者の期待不足や、アセットオーナーのインパクト投資に対する消極的な姿勢が懸念されている。

【参照ページ】
(原文)日本におけるインパクト投資の現状と課題_2021年度調査報告書

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る