総務省、LINEヤフーに再度行政指導

LINE

総務省は4月16日、LINEヤフーに対し文書による再度の行政指導を行った。

総務省はLINEヤフーに対し、3月5日付けで行政指導を実施し、4月1日にLINEヤフーから再発防止等に向けた取り組みに関する報告書の提出を受けていた。同報告書を踏まえ、総務省は同行政指導において求めた措置の早期実施等を求めるとともに、その実施状況や実施計画を報告するよう、4月16日、文書による行政指導を行った。

総務省は4月1日にLINEヤフーが提出した報告書を踏まえ、一定の応急的な対策については実施済みであると判断したが、安全管理措置及び委託先管理が不十分であり、また、親会社等を含むグループ全体でのセキュリティガバナンス体制の構築について十分な見直しが行われる展望が必ずしも明らかとは言えない状況にあり、対策・検討を加速化する必要があると判断した。

総務省は当指導により以下3点の措置を講じるよう求めた。

  1. 安全管理措置及び委託先管理の抜本的な見直し及び対策強化の加速化
  2. 親会社(Aホールディングス)等を含むグループ全体でのセキュリティガバナンスの本質的な見直しの検討の加速化
  3. 取り組み内容に係る進捗状況の定期的な公表等を通じた利用者対応の徹底

総務省は、通信の秘密の保護及びサイバーセキュリティの確保を図るため、引き続き、必要な指導・監督に努めると示している。

【参照ページ】
LINEヤフー株式会社に対する通信の秘密の保護及び サイバーセキュリティの確保の徹底に向けた措置(指導)

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る