環境省、「着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方」を公表

9月30日、環境省は「着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方」を公表した。

脱炭素社会の実現に向けて、環境への影響を未然に防止しながら、再生可能エネルギーの最大限の導入を円滑に進めていく必要性が高まっており、令和3年6月18日に閣議決定された規制改革実施計画においても、洋上風力発電の事業終了後の原状回復義務や残置規制の明確化について措置することとしている。今回、令和3年7月から9月までの全3回にわたり、検討会を開催することで、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律に基づいた着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方について検討し取りまとめた。

廃棄の許可申請に係る手続等に関しては、手続の全体フローと取り扱う範囲等を定めた。着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方については、海洋環境の保全に著しい障害を及ぼすおそれがない廃棄方法や、海洋に捨てる方法以外の適切な処分の方法及び、廃棄後の監視報告のあり方について整理している。

【参照ページ】着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る