R&I、国内初、インパクトボンドに対するセカンドオピニオンの提供を開始

 

10月31日、株式会社格付投資情報センター(R&I)は、インパクトボンドに対するセカンドオピニオンの提供を開始した。インパクトボンドはグリーンボンド等を発行する際に通常求められる開示項目に加えて、発行体が自身の事業が環境・社会・経済に与える影響(インパクト)を管理する体制に関する事項を併せて開示する債券である。

発行体はグリーンボンド等の報告事項のほか、インパクトに関わる重要業績指標(インパクト KPI)を定期的に報告する。社債投資家は発行体のインパクト管理を通じて環境・社会に貢献度の高い事業投資に参画することができる。

R&I は発行体のインパクト管理体制が国際原則等に適合していることを確認するとともに、国際標準の手法を使って事業のインパクトを評価したセカンドオピニオンを提供する。R&I は同日付で豊田合成株式会社の「サステナブル&ポジティブインパクト・ファイナンス・フレームワーク」(インパクトボンド等の開示の枠組み)に示されるインパクト管理体制が国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEPFI)のポジティブインパクト金融原則(PIF 原則)に適合していることを確認するとともに、インパクト・マネジメント・プロジェクトが提唱する分析手法「インパクトの 5 側面」「ABC アプローチ」を使って豊田合成の事業が生み出すインパクトについて評価した。本件はインパクトボンドの発行に向けた国内初の取り組みである。

R&I は 2016 年に日本の事業会社による初のグリーンボンドに「R&I グリーンボンドアセスメント」を提供して以来、ESG ファイナンスの外部評価の先駆者としての役割を担ってきた。2022 年には金融庁「ESG 評価・データ提供機関に係る行動規範」への賛同を表明し、評価会社としての役割を果たすべく積極的に取り組んでいる。

【参照ページ】
国内初、インパクトボンドに対するセカンドオピニオンの提供を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る