ILO、暴力とハラスメントに対処する初の国際条約を発効

暴力とハラスメントに関する初の国際条約が、ILOの国際労働会議(ILC)で採択されてから2年が経ち、2021年6月25日に発効した。

現在までに、アルゼンチン、エクアドル、フィジー、ナミビア、ソマリア、ウルグアイの6カ国が2019年のバイオレンス・ハラスメント条約(第190号)を批准している。批准国は、批准から1年後に条約の規定に法的に拘束される。

第190号条約は、勧告第206号とともに、暴力やハラスメントのない労働の世界に対するすべての人の権利を認め、行動のための共通の枠組みを提供している。

【参照ページ】暴力とハラスメント


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る