独 – サステナブルファンド増加にはEUタクソノミーの発展が必要

ドイツ投資ファンド協会BVIがポートフォリオシミュレーションに基づいて行った分析によると、標準的なESG投資戦略と最小限の除外項目を適用しているファンドは、ポートフォリオに占めるタクソノミーに沿った活動の割合が低くても、良いサステナビリティスコアを達成している。

[/um_loggedin]

この分析が示す通り、EUの情報開示規則(SFRD)で定義されているサステイナブルファンドであっても、タクソノミー自体が初期段階にあるため、これに沿った活動のポートフォリオの割合は当分の間増えることはないと言われている。

またサンプル・ポートフォリオでタクソノミーとの整合性が低いもう一つの潜在的な理由は、企業からのESGデータの入手が限られていることだ。投資先企業の活動がタクソノミーに合致しているかどうかを確認し、開示するためには、ファンドマネージャーは企業の活動の収益、資本支出(capex)、営業費用(opex)に関する詳細なデータを必要とするが、EU外の企業を中心に大きなデータギャップがあり、取得が難しいようだ。

今後SFRDでのサステナブルファンドのポートフォリオにおいて、タクソノミーに沿った活動の割合が高くなるかどうかは、タクソノミーの技術的基準のさらなる発展にかかっている。

【参照ページ】

(原文)BVI study: Taxonomy alone does not provide a benchmark for fund sustainability

(翻訳)独 – サステナブルファンド増加にはEUタクソノミーの発展が必要


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 北米の大手銀行、共同で気候変動リスク管理基準を策定

    2022-1-18

    北米の主要大手銀行19行、コンソーシアムを立ち上げ気候変動リスク管理基準を策定

    1月12日、Bank of America、Wells Fargo、Royal Bank of C…
  2. Carlyle、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ1億ドル超の投資を発表

    2022-1-18

    カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

    1月14日、グローバルな民間資本投資会社であるCarlyleグループは、コミュニティ規模のクリーン…
  3. bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    2022-1-18

    bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    1月17日、エネルギー大手bpはオマーンのエネルギー鉱物資源省と新たなパートナーシップを結び、20…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る