パナソニック「SDGsへの取り組み」Webサイトを公開

パナソニック「SDGsへの取り組み」Webサイトを公開

パナソニック株式会社は、2020年8月31日、SDGsへの取り組みについて情報公開するWEBサイトを公開した。

サイトの公開目的を以下のように説明した。

パナソニックは創業以来、「企業は社会の公器である」という考え方を基本として経営にあたってきました。これは、社会から預かったあらゆる経営資源を元に、事業活動を通じて社会の要請に応え、社会の課題解決や発展に貢献することで持続的な成長を遂げるというものです。この考え方は昨今、世界的に関心が高まっているSDGsへの取り組みに他なりませんが、そうした取り組みを改めて整理し、ステークホルダーの皆様に分かりやすくお伝えすることを目的にこのサイトを公開しました。

https://news.panasonic.com/jp/topics/203925.html

SDGs情報サイトのポイントとして以下の3点を挙げている。
1. パナソニックのSDGsへの取り組みを体系化
2. マネジメントのメッセージを掲載
3. 取り組み事例を多数掲載

【参照ページ】 パナソニック「SDGsへの取り組み」Webサイトを公開

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る