フランス、GHG排出量削減に向け、原発稼働再開へ

フランス、GHG排出量削減に向け、原発稼働再開へ

フランスのマクロン大統領は9日、温室効果ガス削減目標を達成するため、原発を増設すると発表した。原子力大国だったフランスは、2012年に原子力発電への7割の依存を2025年までに5割まで引き下げる「減原発」を掲げていた。


同大統領は10月には10億ユーロ(約1,300億円)を投じ、発電規模の小さい原子炉「小型モジュール炉」を2030年までに国内で複数導入すると明らかにしていた。

今回の発表では小型原発ではなく通常の原発で、加圧水型原子炉を最大6基建設するとした。

【参照ページ】フランス、原発建設再開へ マクロン氏「脱炭素へ必要」

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る