IEA、世界のクリーンエネルギー技術の進捗状況に関する最新評価を発表

IEA、世界のクリーンエネルギー技術の進捗状況に関する最新評価を発表

11月4日、国際エネルギー機関(IEA)は世界のクリーンエネルギー技術の進捗状況に関する評価を発表した。2050年までに排出量をネット・ゼロにするという目標を達成するためには、すべてのエネルギー技術とセクターにおいて、取り組みを加速する必要がある評価となった。

IEAの最新版「Tracking Clean Energy Progress (TCEP)」で評価された46のエネルギー技術と

セクターのうち、IEAの「2050年までにネット・ゼロ・エミッション」シナリオに沿っているのはわずか2つだけとなった。今回の調査結果は、世界のエネルギー関連の二酸化炭素(CO2)排出量が、2021年に史上2番目に大きな増加に転じるというIEAの分析結果を受けたものである。

調査では、18の技術分野でさらなる改善が必要であり、26の技術分野では、2050年までに排出量をネット・ゼロにするシナリオに対して「軌道に乗っていない」ことがわかった。

この軌道に乗っていない分野の中でも特に重要なのが発電分野で、2020年にはパンデミックによるロックダウンと自然エネルギーの割合が過去最高になったことで排出量が3%減少したが、2021年には電力需要の増加と石炭火力発電によって反発することになっている。発電はエネルギー関連のCO2排出量の40%を占め、経済の主要部門のエネルギー需要を満たすために電力がますます使われるようになっているため、電力システムの迅速な脱炭素化は、クリーンエネルギーへの移行を成功させるために不可欠だ。

【参照ページ】
(原文)Clean energy technologies need a major boost to keep net zero by 2050 within reach
(日本語訳)2050年までにネット・ゼロを達成するためには、クリーン・エネルギー技術を大幅に向上させる必要がある

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る