COP26において、「ブレイクスルー・アジェンダ」発表。42カ国の地域・国が協力しクリーン技術のコスト削減を目指す

11月2日、グラスゴーで開催されたCOP26において、日本を含む42ヵ国は「ブレイクスルー・アジェンダ」への加盟を発表した。これは、パリ協定の目標を達成するために必要なクリーンテクノロジーと持続可能なソリューションの開発と展開を加速させるために、次の10年間で国際的に協力し、すべての人が手ごろな価格で利用できるようにすることを約束するものである。

これは、世界の平均気温の上昇を2℃を大きく下回る水準に抑え、1.5℃に抑えるための努力を進めることなど、パリ協定の目標を達成するために不可欠なものである。しかし、最も脆弱な国を中心に気候変動の最悪の影響を防ぐことができる1.5℃を集団で手の届く範囲に保つためには、さらなる努力の加速が必要であることが科学的に示されていることを指摘している。

このアジェンダの利点は、気候変動への取り組みだけにとどまらず、クリーンテクノロジーと持続可能なソリューションのための市場、雇用、経済発展を世界的に促進し、国連の持続可能な開発目標の達成を支援し、社会の気候変動に対する耐性を強化し、空気や水の清浄化、健康増進などの複数のコベネフィットを実現することである。

【参照ページ】
(原文)COP26 WORLD LEADERS SUMMIT- STATEMENT ON THE BREAKTHROUGH AGENDA
(日本語訳)COP26世界首脳会議-躍進するアジェンダに関する声明

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る