CFA協会、投資商品のESG開示基準を発表。グリーンウォッシングにも対応

 

11月1日、世界的な投資専門家団体であるCFA協会は、ESG関連の特徴を持つ投資商品の透明性と比較可能性を提供することを目的とした、投資業界初の自主的な報告基準である「投資商品のグローバルESG開示基準」を発表した。

同団体は、ESGをテーマにした投資商品として本基準を発表する。これは、大きな資本の流れが持続可能な投資に向けられ、ESGをテーマにした商品や戦略が大幅に普及していることを受けたものである。このような普及により、投資家のESG投資の選択肢は大きく広がっているが、基準や共通の用語がないため、投資家が商品を理解して比較することが困難になっている。本基準は一貫性を満たすだけでなく、グリーンウォッシングの増加に対処することも目的としている。グリーンウォッシングは特にESG投資商品に関連して、投資運用業界に対する信頼の低下につながることが懸念されている。

CFA協会によると、新基準は、プールファンド、ETF、保険系投資商品、マネージドアカウントなど、あらゆる種類の投資ビークルに適用され、上場株式から債券、プライベートデット&エクイティ、インフラ、不動産まで、すべての資産クラスにわたっている。さらに、この基準は、ESGの統合、除外、スクリーニング、ベストインクラス、テーマ別、持続可能性をテーマにした投資、インパクト投資、スチュワードシップなど、すべてのESGアプローチをカバーすることを目的としており、パッシブとアクティブの両方の戦略を考慮している。

【参照ページ】
(原文)CFA Institute Releases Global ESG Disclosure Standards for Investment Products
(日本語訳)CFA協会、投資商品のグローバルESG開示基準を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る