Fidelity International、サステナブル投資の枠組みを改訂・強化

投資運用会社のFidelity Internationalは、サステナブル投資に関わるフレームワークを改訂・強化したと発表した。これに伴い、同社が現在ESGの特色が強い投資商品をFidelity Sustainable Fund Family(SFF)と指定していたが、この枠組みは段階的に廃止され、新しい枠組みが導入される。これらの変更は、2024年7月30日以降、同社のクロスボーダーファンドの範囲で実施される予定。

新たな枠組みでは、透明性の強化と各規制の開示要件に継続的に対応するため、サステナビリティやESG関連のファンド命名規則の変更を反映するとした。具体的には、ESG Unconstrained・ESG Tilt・ESG Targetの3つのファンドカテゴリが設けられると発表した。

ESG Unconstrainedには、当社の全社的な要件を除いて、ESGに関連する制約がないSFDR(サステナブルファイナンス開示規則) 第6条のファンドが含まれる。

ESG Tiltには、以前にSFF範囲外にあったSFDR 第8条のファンドが含まれる。この分類には、ファンドがベンチマークや投資ユニバースよりも優れたESGの傾向を持っていることを証明するため、「better than benchmark / investment universe」テストが必要となる。

ESG Targetには、以前にSFF範囲内に含まれていたSFDR 第8条および第9条のファンドが含まれ、ESGやサステナビリティ目標を主要な投資対象とする製品をカバーする。

また、同社は、以前のSFFフレームワークではMSCI ESGレーティングがESGスコアリングテストやESG評価要件の主な入力要素であったが、新しいフレームワークでは同社独自の将来予測ESG評価が主な入力要素と発表。将来予測ESG評価は、ボトムアップアナリストの調査とエンゲージメント活動に基づいており、投資家のニーズを満たすために特別に設計されたものであるため、投資家の財務的・非財務的目標の達成により適したものであるとしている。

【参照ページ】
(原文)Updates to Fidelity’s Sustainable Investing Framework

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る