Oka、9億円超のシード資金を調達し起業

 

2月23日、新興企業であるOkaは、炭素クレジット市場に提供する保険の規模拡大を目的として、700万ドル(約9億5,328万円)の資金を調達したことを発表した。

本資金調達は、企業や事業者がネット・ゼロの目標を掲げ、自らの絶対的な排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出量回避の困難さを補うためにオフセットに注目する傾向が強まっており、今後数年間でカーボンオフセットプロジェクトおよび関連クレジットへの需要が大幅に増加すると予想されることを受けたものである。

規制がなく急速に成長している市場は、市場参加者が質の高いプロジェクトと低いプロジェクトを区別することができず、プロジェクトの有効性を評価するためのデータが不十分であったり、一貫性がなかったりするなど、一連の問題に直面している。

Okaは、創業者のChris Slaterと共同創業者のLaura Fritschによって今年初めに設立され、炭素クレジット購入者のリスクを移転する保険ソリューションによって、市場の足かせとなる問題を解決し、購入者の信頼を高めて高品質の炭素除去ソリューションの需要を促進することを目的としている。Okaの保険ソリューションは、クレジットの破壊や無効が発生した場合に、クレジットを交換するものである。

本資金調達ラウンドは、初期および成長段階の投資家であるAquiline Technology Growthが主導し、気候技術ファンドのFirstminuteも参加している。

【参照ページ】
(参考記事)Oka Raises Over $7M in Seed Funding

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-10-4

    【再確認】生物多様性とは?保全から開示へ。事業にとってなぜ重要なのか解説。

    生物多様性は、1992年のリオ宣言の際に生物の多様性に関する条約が採択されたことから、地球の持続可…
  2. アリアンツ、初のネット・ゼロ移行計画を発表 

    2023-10-3

    アリアンツ、初のネット・ゼロ移行計画を発表 

    9月7日、アリアンツは初の包括的なネット・ゼロ移行計画を発表した。本計画は、アリアンツ独自の投資ポ…
  3. 2023-10-3

    UNEP FI、ISSBアジェンダ優先事項に関するIFRS協議に回答

    9月2日、国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)は、ISSBの最初の基準である2022年…

アーカイブ

ページ上部へ戻る