Wolters Kluwer、炭素排出量報告要件に対応する新たなソリューションを発表

6月5日、情報ソリューションプロバイダーのWolters Kluwerは企業が直接および間接的な炭素排出を報告・開示するための新しいソリューション「CCH Tagetik ESG & Sustainability for Carbon Emissions」のリリースを発表した。

同ソリューションは、GHGプロトコルに基づく、Scope 1・2・3の排出量データ管理機能を備えている。製品にはGHGプロトコルに基づく事前設定された炭素データ管理機能が組み込まれており、規制遵守を迅速化し、財務データと同じ精度で非財務データを管理できるようにする。主要機能には、EUのサステナビリティ開示規制であるCSRDや国際財務報告基準(IFRS)などの報告書への自動データフィード、複数のデータソースからのデータ取り込み、温室効果ガス計算ロジック、ダッシュボードとデータ視覚化機能、開示管理を効率化するAIを活用したナラティブ・レポートが含まれる。

同ソリューションは5月17日にイタリアのルッカで開催された「CCH Tagetik in Touch」というイベントにて発表された。

【参照ページ】
(原文)Wolters Kluwer expands CCH Tagetik ESG & Sustainability solution to include carbon emission reporting requirements
(日本語参考訳)ウォルターズ・クルワー、CCH Tagetik ESG & Sustainabilityソリューションを拡張し、炭素排出量報告要件に対応

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る