ILO、気候変動による労働者への影響を報告

4月22日、国際労働機関(ILO)は気候変動下における労働安全衛生の確保についての報告書を発表した。当報告書によると、24億人以上の労働者が、仕事中に過度の暑さにさらされる可能性があると推定している。

また当報告書では、過度の暑さに起因する2,287万件の労働災害によって、年間1万8,970人の命と209万人の障害調整生存年が失われると推定している。

さらに当報告書では、がん、心臓血管系疾患、呼吸器系疾患、腎臓機能障害、精神疾患など、労働者の数多くの健康状態が気候変動と関連していると指摘している。その影響には以下のようなものである。

  • 16億人の労働者が紫外線にさらされ、年間18,960人以上の労働関連死が非黒色腫皮膚がんによるものである
  • 16億人が職場の大気汚染にさらされる可能性があり、その結果、屋外労働者の労働関連死は年間86万人である
  • 8億7,000万人以上の農業従事者が農薬にさらされる可能性があり、年間30万人以上が農薬中毒で死亡している
  • 寄生虫や媒介感染症にさらされることによる労働関連死が毎年15,000件起こっている

また、当報告書は法律・規制・指針の改正や新設・労働環境におけるエネルギー効率対策などの気候緩和戦略の改善など、各国の現在の対応についても調査している。

【参照ページ】
(原文)Climate change creates a ‘cocktail’ of serious health hazards for 70 per cent of the world’s workers
(日本語参考訳)気候変動は世界の労働者の70パーセントに深刻な健康被害の「カクテル」をもたらす

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る