北太平洋漁業委員会、サンマとマサバの漁獲量を制限で合意

4月15日から18日まで 北太平洋漁業委員会(NPFC)の第8回年次会合が大阪市で開催された。

当会合ではサンマの資源管理の話題として、資源水準に応じて総漁獲可能量(TAC)を算出する漁獲管理規則が合意された。同規則では直近の資源水準からTACが算出されるが、毎年のTACの変動の幅は対前年度比10%までとされている。この規則により、2024年の公海におけるTACは昨年の年次会合で合意した15万トンから13.5万トンに削減され、分布域全体の年間漁獲量は、25万トンから22.5万トン以内に抑制されることとなった。

また、マサバの資源管理に関しても、公海における漁獲量を10万トンに制限する措置が合意された。

さらに、天皇海山海域での底魚漁業について、海洋生態系保護のため、禁漁期間の拡大など、措置が強化された。天皇海山の一部海域における底びき網漁業の禁止等についても議論され、今後継続して審議していくこととなった。

【参照ページ】
(原文)「北太平洋漁業委員会(NPFC)第8回年次会合」の結果について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る