サントリー食品インターナショナル、2030年までに「ウォーターポジティブ」を目指す

12月12日、サントリーホールディングス傘下のサントリー食品インターナショナルは、水のサステナビリティ活動方針を発表した。

同社の目標は、2030年までに自社工場の半数以上で、水源涵養活動により使用する水の100%以上をそれぞれの水源に還元する「ウォーターポジティブ」を達成することである。この活動方針は、国内での消費者啓発と海外での水のサステナビリティ活動の2つの柱から成り立っている。

消費者啓発

  • 2024年春以降、サントリー天然水2Lおよび550mlペットボトルのパッケージデザインをリニューアルし、製品を通じて「ウォーターポジティブ」の理念をわかりやすく伝える。
  • 工場見学や店頭ワークショップなどを通じた啓発活動の改善。
  • 新しい「ウォーターポジティブ」CMも展開。

海外での活動

  • 海外の生産拠点を中心に、「水のサステナビリティ」活動を強化。
  • 各拠点の特定に合わせた水源涵養活動や水消費効率の向上などを実施。
  • 国内で2004年から開始された水教育(水育)を海外に拡大。ベトナムを皮切りにタイ、インドネシア、フランス、中国、スペインに展開。2023年にはイギリス、ニュージーランドでも新たな活動が始まっている。

【参照ページ】
ウォーター・ポジティブ実現に向けたサントリー食品インターナショナル(株)水のサステナビリティ活動方針

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る