サントリー食品インターナショナル、2030年までに「ウォーターポジティブ」を目指す

12月12日、サントリーホールディングス傘下のサントリー食品インターナショナルは、水のサステナビリティ活動方針を発表した。

同社の目標は、2030年までに自社工場の半数以上で、水源涵養活動により使用する水の100%以上をそれぞれの水源に還元する「ウォーターポジティブ」を達成することである。この活動方針は、国内での消費者啓発と海外での水のサステナビリティ活動の2つの柱から成り立っている。

消費者啓発

  • 2024年春以降、サントリー天然水2Lおよび550mlペットボトルのパッケージデザインをリニューアルし、製品を通じて「ウォーターポジティブ」の理念をわかりやすく伝える。
  • 工場見学や店頭ワークショップなどを通じた啓発活動の改善。
  • 新しい「ウォーターポジティブ」CMも展開。

海外での活動

  • 海外の生産拠点を中心に、「水のサステナビリティ」活動を強化。
  • 各拠点の特定に合わせた水源涵養活動や水消費効率の向上などを実施。
  • 国内で2004年から開始された水教育(水育)を海外に拡大。ベトナムを皮切りにタイ、インドネシア、フランス、中国、スペインに展開。2023年にはイギリス、ニュージーランドでも新たな活動が始まっている。

【参照ページ】
ウォーター・ポジティブ実現に向けたサントリー食品インターナショナル(株)水のサステナビリティ活動方針

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る