Neste等4社、バイオプラスチック建設資材の製造で協働。炭素貯蔵を可能に

8月29日、フィンランド石油化学大手Neste、プラスチック製造世界大手蘭LyondellBasell、独バイオコンパウンド開発Biofibre、ドイツ天然繊維プラ製造Naftexは、バイオベースポリマーと天然繊維を組み合わせた建設資材の製造で協働すると発表した。

バイオベースポリマーと天然繊維を組み合わせることで、4社はCO2排出量の少ない建設ソリューションの製造を可能にする。数年から数十年の使用期間中、建設資材に使用されるバイオマスの成長段階で大気から隔離されていた炭素を貯蔵することができる。GreenSurveyがBiofibre向けに作成したLCA研究では、バイオマスによって大気から除去される炭素の量は、物流や強化プラスチック顆粒の製造によるサプライチェーンの排出量を上回ることが確認されている。

本協働により、Nesteは、廃棄物や残渣などのバイオベース原料を100%使用したポリマー製造用原料である再生可能な「Neste RE」をLyondellBasellに供給する。LyondellBasellは、この原料を同社の「CirculenRenew」ポートフォリオの一部として、測定可能なバイオ由来成分を含む「CirculenRenew C14」ポリプロピレンに加工する。このポリプロピレンはその後、Biofibreによって天然繊維強化プラスチック顆粒の製造に使用される。最終工程では、Naftexがこの顆粒をフェンスの支柱やテラスデッキの形材などの建築部材に押し出す。

【参照ページ】
(原文)Polymers as carbon storage: Neste, LyondellBasell, Biofibre and Naftex bring bio-based polymers to the construction sector
(日本語参考訳)ネステ等4社、バイオプラスチック建設資材の製造で協働。炭素貯蔵を可能に

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る