Neste等4社、バイオプラスチック建設資材の製造で協働。炭素貯蔵を可能に

8月29日、フィンランド石油化学大手Neste、プラスチック製造世界大手蘭LyondellBasell、独バイオコンパウンド開発Biofibre、ドイツ天然繊維プラ製造Naftexは、バイオベースポリマーと天然繊維を組み合わせた建設資材の製造で協働すると発表した。

バイオベースポリマーと天然繊維を組み合わせることで、4社はCO2排出量の少ない建設ソリューションの製造を可能にする。数年から数十年の使用期間中、建設資材に使用されるバイオマスの成長段階で大気から隔離されていた炭素を貯蔵することができる。GreenSurveyがBiofibre向けに作成したLCA研究では、バイオマスによって大気から除去される炭素の量は、物流や強化プラスチック顆粒の製造によるサプライチェーンの排出量を上回ることが確認されている。

本協働により、Nesteは、廃棄物や残渣などのバイオベース原料を100%使用したポリマー製造用原料である再生可能な「Neste RE」をLyondellBasellに供給する。LyondellBasellは、この原料を同社の「CirculenRenew」ポートフォリオの一部として、測定可能なバイオ由来成分を含む「CirculenRenew C14」ポリプロピレンに加工する。このポリプロピレンはその後、Biofibreによって天然繊維強化プラスチック顆粒の製造に使用される。最終工程では、Naftexがこの顆粒をフェンスの支柱やテラスデッキの形材などの建築部材に押し出す。

【参照ページ】
(原文)Polymers as carbon storage: Neste, LyondellBasell, Biofibre and Naftex bring bio-based polymers to the construction sector
(日本語参考訳)ネステ等4社、バイオプラスチック建設資材の製造で協働。炭素貯蔵を可能に

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る