マイクロソフト、SAFテックのランザジェットへ投資

4月22日、持続可能な航空燃料(SAF)の製造会社ランザジェットは、マイクロソフトの気候イノベーション基金からの投資を獲得したことを発表した。同社は本投資により、SAF技術をグローバルに展開するための能力と体制を構築し続けることができる。

イリノイ州を拠点とするランザジェットは、炭素リサイクル技術企業のランザテックが2020年に立ち上げた「Alcohol-to-Jet」技術を開発し、低炭素サトウキビ、エネルギー作物、森林残渣、農業廃棄物、有機廃棄物などの廃棄物や持続可能なエタノール原料からSAFや再生可能ディーゼルを製造できるようにした。

両社によると、本投資により、マイクロソフトは持続可能な燃料(SAFと再生可能ディーゼル)、および将来のランザジェットのプロジェクトから得られるSAF証書へのアクセスが可能になり、2030年までにマイクロソフトがカーボン・マイナスを達成するのを支援する。2022年、マイクロソフトの気候イノベーション基金は、ジョージア州ソパートンのランザジェット Freedom Pines Fuelsの建設を支援するために5000万ドル(78億円)を投資した。その工場では、2024年第2四半期に年間1,000万ガロンのSAFおよび再生可能ディーゼルの生産を開始する予定である。

ランザジェットとマイクロソフトはまた、ランザジェットの企業機能とエタノールからSAFを製造するプロセスを改善するために、マイクロソフトのデータと人工知能(AI)機能をどのように提供できるかを検討する意向だ。

【参照ページ】
(原文)LanzaJet Announces Investment from Microsoft’s Climate Innovation Fund, Supporting Continued Company Growth
(日本語参考訳)ランザジェットがマイクロソフトの気候革新基金からの出資を発表、企業の継続的成長を支援

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る