カリフォルニア州、クリーンな交通インフラへの約285億円の投資を承認

カリフォルニア州、クリーンな交通インフラへの約285億円の投資を承認

2月14日、カリフォルニア州エネルギー委員会は、EV充電と水素補給ネットワークの構築を含む、ゼロエミッション車と輸送のためのインフラ拡大を目的としたプロジェクトに、2027年までに19億ドル(約285億円)を投資する計画を承認したと発表した。

燃料生産を含む輸送は、カリフォルニア州の温室効果ガス(GHG)排出の約半分、大気汚染物質の80%を占めている。カリフォルニア州は、2045年までに運輸部門がカーボンニュートラルを達成することを目標に掲げ、2035年までに州内で販売されるすべての新車、ピックアップトラック、SUVをゼロエミッション車(ZEV)にすること、2036年までに中型および大型の燃焼式トラックの販売を終了することなどの規則を採択した。

承認された新計画は、カリフォルニア州エネルギー委員会のクリーン・トランスポーテーション・プログラムに対する投資の概要を示すもの。同プログラムは、州のエネルギー、クリーンな空気、気候変動の目標を支援するため、イノベーション、ゼロ・エミッションの輸送・燃料技術の開発・展開に資金を提供する。

2027年までの計画では、ゼロ・エミッションのバッテリー電気および水素燃料電池トラック・バスのインフラに10億ドル(約1,503億円)以上、小型EV充電インフラに6億5,000万ドル(約977億円)以上、ゼロ・エミッション港湾インフラに1億3,000万ドル(約195億円)を投資するほか、新たな機会に4,600万ドル(約69億円)、ゼロ・エミッション車の人材育成に500万ドル(約7億円)を投資する。CECは、投資の少なくとも50%は、恵まれない人々や低所得者層を含む優先的な人々のためになると付け加えた。

CECによると、この新たな投資計画により、州全体で新たに4万基の充電器が設置され、既存の9万4千基の充電器ネットワークが大幅に拡大される。

この投資によって支援されるプロジェクトには、企業、非営利団体、部族、公共機関に対する直接的な奨励金およびリベート・プログラムが含まれる。

【参照ページ】
(原文)CEC Approves $1.9 Billion Plan to Expand Zero-Emission Transportation Infrastructure
(日本語参考訳)CEC、19億ドルのゼロエミッション交通インフラ拡大計画を承認

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る