EV電池ベンチャーのACC、欧州各地にギガ工場を建設するため約6,600億円調達

EV電池ベンチャーのACC、欧州各地にギガ工場を建設するため約6,600億円調達

2月12日、欧州の電池セルメーカーであるオートモーティブ・セルズ・カンパニー(ACC)は、フランス、ドイツ、イタリアにおけるリチウムイオン電池セル生産のための3つのギガファクトリー建設を支援することを目的とした44億ユーロ(約6,609億円)のデットファイナンスを実施したことを発表した。

ACCはステランティスとトタルエナジーズの合弁会社として2020年に設立され、2021年にはメルセデス・ベンツもJVに加わる。同社は、安全性と性能に重点を置きながら、カーボンフットプリントを最小限に抑えたEV用バッテリーセルとモジュールの開発・生産を目指している。

同社は2023年にフランスで最初のギガファクトリーを稼働させ、現在ステランティス社向けのバッテリーを生産している。需要に応えるため、ドイツとイタリアの工場に加え、フランスの敷地内に第2ブロックを建設するなど、一連の開発を計画している。ACCは、2030年までに少なくとも120ギガワット時の電池容量を達成するという目標を掲げている。

今回の発表は、欧州におけるEVへの移行を支援するため、成長するバッテリー製造のギガファクトリー・エコシステムに向けた一連の大規模な資金調達の最新版となる。これには、バッテリーメーカーであるノースボルト社が、スウェーデン北部を拠点とするリチウムイオン電池のギガファクトリーとバッテリーリサイクル施設のために1月に完了した50億ドル(約7,510億円)のグリーンローンが含まれる。

本債務パッケージは、BNPパリバ、ドイツ銀行、ING、インテサ・サンパオロを含む商業銀行のコンソーシアムが引き受け、Bpifrance、オイラー・エルメス、SACEが支援した。

【参照ページ】
(原文)Automotive Cells Company accelerates its growth and strengthens its position as a key European player in sustainable mobility
(日本語参考訳)自動車用セルメーカーが成長を加速し、持続可能なモビリティにおける欧州の主要企業としての地位を強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る