COP28、スポーツセクターにおけるサステナビリティ戦略も発表

2023年11月30日から12月12日、COP28がドバイで開催された。8万人以上が参加する過去最大のCOPとなった。実際の気候変動交渉に特化した「ブルーゾーン」や、参加国・団体のパビリオンには、技術スタッフや警備スタッフを含め約10万4,000人がアクセスした。

今回のCOP28は化石燃料に焦点が当てられ、スポーツ界も本機会を利用し、同セクターにおけるサステナビリティの重要性をアピールした。

欧州サッカーを統括するUEFAは、本機会を利用して、ユーロ2024を史上最も持続可能な欧州選手権にするという目標を強調。UEFAの社会・環境サステナビリティ担当ディレクターであるミケーレ・ウヴァ氏は、ユーロ2024に向けたESG計画について、特に環境に重点を置き、気候変動対策、持続可能なインフラ、循環型経済など18の主要目標を達成するために43の活動計画を発表した。

UEFAは気候行動フレームワークの創設メンバーであり、他のスポーツ団体と協力して気候変動対策に取り組むとともに、スポーツを市民の意識向上と行動を促すツールとして活用している。

国際ヨットレースシリーズ「SailGP」は、次世代を鼓舞する機会を得るとともに、シーズン4カレンダーの第6戦をドバイで開催し、スポーツを通じて気候変動に取り組む独自の取り組みを紹介。最高目的責任者であるFi・モーガンは、COP28の期間中、問題に光を当てると同時に、潜在的な解決策についても積極的に議論した。

イングランド・プレミアリーグのリバプールは、ドバイでサステナビリティのあらゆる分野での取り組みを強調することを決定。クラブは、2021年に「The Red Way」イニシアティブを立ち上げて以来、サステナビリティに重点を置き、チームバスを水素化植物油(HVO)燃料で走らせたり、リサイクル可能な包装材に切り替えたりといった変化を起こしてきた。

国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のオブザーバーとして初めて承認された国際自動車連盟(FIA)は、COP28を利用して、「公正な移行の加速: モータースポーツとモビリティの視点」と題した新しい白書を発表。白書では、モビリティとモータースポーツのためのさまざまな持続可能な技術ソリューションを探求している。トピックには、持続可能な燃料、パワートレインとインフラの将来、消費者の参加、サーキットとロード間の知識の共有と技術革新の移転などが含まれる。

フォーミュラEのエンヴィジョン・レーシングとレディング大学のエド・ホーキンス教授は、「クライメート・ストライプ」を特徴とするチームの新車を発表した。ホーキンスは2018年、世界各国の歴史的な気温の変化を表す「クライメート・ストライプ」を制作。本ストライプは、地球温暖化の憂慮すべき傾向を1枚の画像で視覚的に強調することを目的としている。エンビジョン・レーシングは、ブルーゾーンで開催されたCOP28のユースデーで、ホーキンスのナレーションによる新しいフィルムとともに、新しいカラーとストライプを発表した。

【参照ページ】
(原文)COP28: The sporting perspective
(日本語参考訳)COP28、スポーツセクターにおけるサステナビリティ戦略も発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る