ランボルギーニ、2030年までにバリューチェーン全体で排出量40%削減

ランボルギーニ、2030年までにバリューチェーン全体で排出量40%削減を目指す

1月30日、イタリアの高級スポーツカーメーカー、アウトモビリ・ランボルギーニは、2030年までにバリューチェーン全体で「車1台あたり」のCO2排出量を40%削減することを目標とする、新たな環境コミットメントを発表した。

新たなコミットメントは、ランボルギーニが2021年に発表した環境持続可能性戦略「Direzione Cor Tauri」に続くもので、製品ラインの電動化へのロードマップと、サンタガタ・ボロニェーゼの生産拠点および本社の脱炭素化に焦点を当てたものである。同社は昨年、初のハイブリッド・スーパースポーツカーHPEV(High Performance Electrified Vehicle)を発表し、2028年には初のフル電動モデルを、2029年にはフル電動SUVを投入するなど、電動化の目標を掲げている。

また、2025年までに車両からのCO2排出量を50%削減し、2030年までに80%削減することを目標としている。新たな野心により、同社はサプライチェーンや物流、製品の使用段階を含むバリューチェーン全体にプログラムを拡大する。

電化対策に加えて、エネルギーと水の消費量の削減、サプライヤーに対する持続可能性評価システムの導入、完成車の輸送を航空輸送から鉄道輸送にシフトさせるなど、バリューチェーンの排出量削減と環境持続可能性の向上を目指した一連のイニシアティブを概説した。

【参照ページ】
(原文)Lamborghini aims to reduce emissions 40% per car by 2030 en route to electric Urus successor
(日本語参考訳)ランボルギーニ、2030年までに1台あたり40%の排出量削減を目指す 電気自動車「ウルス」後継モデルを発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る