ランボルギーニ、2030年までにバリューチェーン全体で排出量40%削減

ランボルギーニ、2030年までにバリューチェーン全体で排出量40%削減を目指す

1月30日、イタリアの高級スポーツカーメーカー、アウトモビリ・ランボルギーニは、2030年までにバリューチェーン全体で「車1台あたり」のCO2排出量を40%削減することを目標とする、新たな環境コミットメントを発表した。

新たなコミットメントは、ランボルギーニが2021年に発表した環境持続可能性戦略「Direzione Cor Tauri」に続くもので、製品ラインの電動化へのロードマップと、サンタガタ・ボロニェーゼの生産拠点および本社の脱炭素化に焦点を当てたものである。同社は昨年、初のハイブリッド・スーパースポーツカーHPEV(High Performance Electrified Vehicle)を発表し、2028年には初のフル電動モデルを、2029年にはフル電動SUVを投入するなど、電動化の目標を掲げている。

また、2025年までに車両からのCO2排出量を50%削減し、2030年までに80%削減することを目標としている。新たな野心により、同社はサプライチェーンや物流、製品の使用段階を含むバリューチェーン全体にプログラムを拡大する。

電化対策に加えて、エネルギーと水の消費量の削減、サプライヤーに対する持続可能性評価システムの導入、完成車の輸送を航空輸送から鉄道輸送にシフトさせるなど、バリューチェーンの排出量削減と環境持続可能性の向上を目指した一連のイニシアティブを概説した。

【参照ページ】
(原文)Lamborghini aims to reduce emissions 40% per car by 2030 en route to electric Urus successor
(日本語参考訳)ランボルギーニ、2030年までに1台あたり40%の排出量削減を目指す 電気自動車「ウルス」後継モデルを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る