ダウ、2千億円のグリーンボンド発行。ネット・ゼロの化学工場新設に資金提供

2月9日、化学・素材科学大手のダウは、第1回グリーンボンド募集の完了を発表し、カナダでのネット・ゼロ・エミッション化学プラントの新設を含む同社の脱炭素・循環型経済戦略を支援するため、12億ドル(約2,000億円)以上を調達した。

本発行は、ダウが11月に発表したFort Saskatchewan Path2Zeroへの最終投資決定を受けたもの。 Fort Saskatchewan Path2Zeroは、カナダ・アルバータ州に世界初のスコープ1と2排出量ネット・ゼロのエチレンプラントを建設する65億ドル(約1兆円)のプロジェクトである。同プロジェクトでは、ダウは新しいエチレン・クラッカーを建設し、ポリエチレンの生産能力を年間200万トン(MTA)増加させるとともに、既存のクラッカーをスコープ1と2の排出量がネット・ゼロになるように改修する。ダウは当初、グローバルな資産基盤の脱炭素化を目指した投資に年間約10億ドル(約1,500億円)の設備投資を割り当てる意向とともに、2021年に新プラントの計画を発表した。

ダウは、今回のグリーンボンドによる調達資金は、新工場に関連する支出と投資に充てられ、また、2050年までにすべてのスコープでカーボンニュートラルを達成すること、2030年までにスコープ1と2の排出量を500万トン削減すること、2030年までに年間300万トンの循環型・再生可能ソリューションを商業化することを含む、気候保護と循環型経済の目標達成を支援するために使われると述べている。

同社が最近発表したグリーンボンド・フレームワークでは、グリーンボンド資金配分の適格基準を概説しており、適格カテゴリーには、エネルギー効率、再生可能エネルギー、脱炭素化関連支出を含む気候保護投資と、循環経済適合製品、生産技術、生産プロセス、認定環境効率製品を含む循環経済投資が含まれる。

今回の募集には、2034年満期5.150%債6億ドル(約900億円)と2054年満期5.600%債6億5,000万ドル(約1,000億円)が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Dow announces completion of inaugural green bond offering
(日本語参考訳)ダウ、2千億円のグリーンボンド発行。ネット・ゼロの化学工場新設に資金提供

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る