次世代EV用バッテリー開発企業シオンパワー、110億円を調達

1月24日、EV用バッテリー技術開発企業であるシオンパワーは、シリーズA資金調達ラウンドで7,500万ドル(約110億円)を調達したと発表した。本資金は、同社独自のEV用次世代技術の商業化を支援することを目的としている。

シオンパワーは本資金で、同社技術の技術検証および市場検証を行う。同社は、自動車OEMやセルメーカーによるテストや市場開発用に、高品質の大判リチウム金属セルを生産する完全自動化製造ラインの建設を計画している。

アリゾナ州ツーソンに本社を置くシオンパワーは、自動車および航空宇宙市場のニーズに対応する最先端の蓄電システムの開発に注力している。リセリオン・リチウムメタル・テクノロジーを開発し、リチウムメタルバッテリーの圧縮を利用して安全性、寿命、充電率を向上。リセリオンは大容量バッテリーセル(最大20Ah)で実証に成功しており、現在56Ahを目指して開発中である。

ラウンドは、世界的な電池メーカーであるLGエナジー・ソリューションが主導し、元グーグルCEOのエリック・シュミットが率いるHillspire LLCからの新たな投資に加え、ユークリディアン・キャピタルが繰り返し参加した。

LGエナジー・ソリューションは、競争力のある次世代電池技術をいち早く確保し、市場でのリーダーシップを強化するため、シオンパワーへの投資を決定したと述べている。本投資は、両者間の個別の合意に基づいて、その後のシオンパワーとの技術提携につながる可能性がある。

【参照ページ】
(原文)Sion Power Raises $75 million to Commercialize its Proprietary Licerion Technology for Electric Vehicles
(日本語参考訳)次世代EV用バッテリー開発企業シオンパワー、110億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る