S&P DJI、SDGに連動したS&P500およびグローバル大型中型株ベースのインデックスを発表

S&P DJI、SDGに連動したS&P500およびグローバル大型中型株ベースのインデックスを発表

1月9日、インデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)は、S&P500 SDGインデックスとS&Pグローバル・ラージミッドキャップSDGインデックスのローンチを発表した。これは、投資家に幅広い株式パフォーマンス測定と、国連持続可能な開発目標(SDGs)に沿った企業へのエクスポージャーを提供することを目的としている。

国連SDGsは、地球を保護し、世界的な生活の質を向上させることを目的として、2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の一部として採択された17カテゴリーの目標を指す。 SDGsの目標には、貧困と飢餓の撲滅、教育の改善、環境の保護などが含まれる。

新しいS&P 500 SDGインデックスとS&Pグローバル・ラージミッドキャップSDGインデックスは、それぞれS&P DJIのフラッグシップであるS&P 500インデックスとS&Pグローバル・ラージミッドキャップインデックスから、SDGsへのアライメントを強化し、インデックスレベルでのカーボンフットプリントを削減するために選択・加重された適格株式証券のパフォーマンスを測定することを目的としている。

パフォーマンス・ベンチマークの観点から、インデックスはデータを活用し、財務的な重要性に関係なく、企業の製品や活動が社会や環境に与えている具体的な外部影響を測定・反映する。S&P DJI は、ESG インパクト・データおよびポートフォリオ・ソリューションのプロバイダーである Impact Cubed から、企業の SDG アライメント・データのライセンスを取得したと発表した。Impact Cubed は、企業の SDG アライメントとネットインパクトを決定するために、企業の製品に焦点を当て、その製品がどのように作られ、商品やサービスがどこで販売され、コミュニティやステークホルダーとのエンゲージメントがどのように行われているかに焦点を当てた、きめ細かい収益とオペレーションのマッピング・アプローチを使用している。

【参照ページ】
(原文)S&P Dow Jones Indices Introduces Two New Benchmarks to Measure Companies’ Alignment with the United Nations’ Sustainable Development Goals (SDG)

(日本語参考訳)S&P DJI、SDGに連動したS&P500およびグローバル大型中型株ベースのインデックスを発表

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る