ダン&ブラッドストリートとクライメート・エンジン、企業が気候リスクを評価・軽減できるソリューションを発表

ダン&ブラッドストリートとクライメート・エンジン、企業が気候リスクを評価・軽減できるソリューションを発表

12月18日、ビジネスデータ・分析プロバイダーのダン&ブラッドストリートと気候データ・分析会社のクライメート・エンジンは、企業が気候関連リスクを理解し、それに備え、軽減することを支援することを目的とした新しいソリューション「D&B Climate Risk Insights」を発表した。

両社によると、新ソリューションは、サプライチェーンや金融情勢、保険業界に影響を及ぼす気候関連事象の頻度と深刻度から、世界的に企業に対する課題が増大している中で提供される。ダン・アンド・ブラッドストリートによると、同社のデータによると、2050年までに82%以上の企業が事業継続を脅かす極端な気候変動イベントのリスクを倍増させる可能性があるという。

また、ダン・アンド・ブラッドストリートのデータクラウドと、気候エンジンの地理空間衛星画像に基づく気候リスクデータを組み合わせることで、2億を超える活動中の事業拠点について、気候変動と経済的影響の関連性を明らかにし、企業が異常気象の影響に備え、それに耐え、事業の中断を回避する方法をよりよく理解できるようにする。

本ソリューションは、慢性的なリスクに加え、急性の物理的気候リスクに関する最新の知見を提供することで、気候関連の影響を予測し、回復の確率を算出するのに役立つ。これは、2050年や2100年の予測ホライズンを持つ従来の長期気候モデルでは満たされない、迅速な意思決定機能のニーズに対応するものである。

ダン・アンド・ブラッドストリートとクライメート・エンジンは、金融機関の融資・投資判断の強化、保険会社のリスクモデル、プライシング戦略、保険引受業務の改善、サプライチェーン関係者のリスク最小化および短期・長期の脆弱性緩和など、新ソリューションの主な使用事例を紹介した。

【参照ページ】
(原文)Dun & Bradstreet and Climate Engine Collaborate to Provide Unique Visibility into Climate-Related Business Risks
(日本語参考訳)ダン・アンド・ブラッドストリートとクライメート・エンジンが協業し、気候関連のビジネスリスクを独自に可視化

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る