EU、農業分野のサステナビリティ合意に関する競争法ガイドラインを採択

12月7日、欧州委員会は、EU共通農業政策(CAP)に導入されたEU競争規則の除外規定に関連して、農業分野におけるサステナビリティ合意のためのガイドラインを採択した。これにより、競争法上の合法ラインが明確にされ、農業における共同イニシアティブの設計が容易になる。ガイドラインはEU官報に掲載された後、即座に発効する。

ガイドラインの主なポイントは以下の通りである。

  1. 競争法の適用範囲と対象
    • 競争法の適用が免除されるには、農業生産者が必ず含まれた合意である必要があり、合意は農作物に関するものである必要がある。
  2. サステナビリティ分野の限定
    • サステナビリティ合意は、「環境保護」「農薬使用と薬剤耐性(AMR)の削減」「動物福祉と健康」の3つの特定のカテゴリーに限定される。
  3. 水準の設定
    • サステナビリティ分野で合意する事項は、EU法または国内法で義務付けられている水準よりもわずかでも高い水準を採用する必要があり、目指す水準の達成に不可欠である必要がある。
  4. 競争法当局の介入
    • EU加盟国の競争法当局は、サステナビリティ合意が不合理な消費者価格上昇や市場からの排除につながる場合、介入し、合意の停止や修正を要求することができる。

ガイドラインの導入により、農業関連のサステナビリティ合意が適切に設計され、競争法に適合するようになる。これにより、農業分野での協業がサポートされ、サステナビリティの推進が促進されることが期待される。

【参照ページ】
(原文)Commission adopts antitrust Guidelines for sustainability agreements in agriculture

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る