メタ、イリノイ州とアーカンソー州で330MWの再エネ契約を締結

メタ、イリノイ州とアーカンソー州で330MWの再エネ契約を締結

12月18日、ユーティリティ・スケールの太陽光発電と蓄電池を開発するアダプチャー・リニューアブルズは、イリノイ州とアーカンソー州で開発中の3つの太陽光発電プロジェクトから330メガワットの再生可能エネルギーを調達するため、メタと3つの環境属性購入契約(EAPA)を締結したと発表した。

メタは、再生可能エネルギーを購入する最大手企業のひとつであり、同社は2020年に業務用エネルギー需要の100%を再生可能エネルギーで賄うという目標を達成した。同社は2025年までに、支援する風力および太陽光プロジェクトを通じて、米国内の地域送電網に9.8GWの再生可能エネルギーを追加することを見込んでいる。

メタは本パートナーシップが、2030年までにネット・ゼロ・エミッションとバリュー・チェーンを達成するという目標をサポートすると述べた。

アダプチャーによると、3つの太陽光発電プロジェクトはそれぞれ、石炭施設が閉鎖された連邦政府指定のエネルギー共同体に立地しており、歴史的に化石燃料に依存し、公害によって不均衡な負担を強いられてきた地域にクリーンエネルギー投資、雇用、収益をもたらす。3つのプロジェクトは、4億ドル(約56億円)以上の経済効果をもたらし、建設段階では約500人の臨時雇用を創出し、操業中はフルタイム換算で約25人の雇用を維持すると見積もられている。

【参照ページ】
Adapture Renewables and Meta Sign Agreements for 330 MW of Solar in Illinois and Arkansas

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る