メタ、イリノイ州とアーカンソー州で330MWの再エネ契約を締結

メタ、イリノイ州とアーカンソー州で330MWの再エネ契約を締結

12月18日、ユーティリティ・スケールの太陽光発電と蓄電池を開発するアダプチャー・リニューアブルズは、イリノイ州とアーカンソー州で開発中の3つの太陽光発電プロジェクトから330メガワットの再生可能エネルギーを調達するため、メタと3つの環境属性購入契約(EAPA)を締結したと発表した。

メタは、再生可能エネルギーを購入する最大手企業のひとつであり、同社は2020年に業務用エネルギー需要の100%を再生可能エネルギーで賄うという目標を達成した。同社は2025年までに、支援する風力および太陽光プロジェクトを通じて、米国内の地域送電網に9.8GWの再生可能エネルギーを追加することを見込んでいる。

メタは本パートナーシップが、2030年までにネット・ゼロ・エミッションとバリュー・チェーンを達成するという目標をサポートすると述べた。

アダプチャーによると、3つの太陽光発電プロジェクトはそれぞれ、石炭施設が閉鎖された連邦政府指定のエネルギー共同体に立地しており、歴史的に化石燃料に依存し、公害によって不均衡な負担を強いられてきた地域にクリーンエネルギー投資、雇用、収益をもたらす。3つのプロジェクトは、4億ドル(約56億円)以上の経済効果をもたらし、建設段階では約500人の臨時雇用を創出し、操業中はフルタイム換算で約25人の雇用を維持すると見積もられている。

【参照ページ】
Adapture Renewables and Meta Sign Agreements for 330 MW of Solar in Illinois and Arkansas

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る