KKR、2024年の見通しで「メガテーマ」として「ブラウンからグリーンへの移行」を強調

KKR、2024年の見通しで「メガテーマ」として「ブラウンからグリーンへの移行」を強調

12月、世界的なオルタナティブ資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、2024年グローバル・マクロ展望を発表した。同社は脱炭素化、特に資産の多いセクターの大規模な「ブラウンからグリーン」への移行を、投資機会を促進する重要な「メガ・テーマ」と位置づけた。

KKRのバランスシートのCIOであり、グローバル・マクロおよびアセット・アロケーションの責任者であるHenry McVeyによる報告書の中で、KKRは、これまでの脱炭素化の取り組みが主に「資産の軽い」技術主導の進歩に焦点を当ててきた一方で、今後、大規模な気候変動への影響を可能にすることを目的とした投資は、おそらく「より資産の重い性質」となり、世界経済のより大規模で排出集約的なセクターをターゲットとした大規模な機会を生み出すだろうと指摘している。

具体的には、グローバル・サプライチェーン、ビル、データセンターのアップグレードの必要性に加え、「伝統的な発電、不動産、運輸、産業セクターの脱炭素化の必要性」によってもたらされる機会について、本報告書では言及している。

KKRは、8月にグローバル気候戦略チームを発足させ、気候変動投資への注力を拡大したと発表している。また、輸送・グリッド脱炭素ソリューション企業Zenobēへの7億5,000万ドル(約1,075億円)の投資や、エネルギー・電化ソリューション企業Smart Metering Systems (SMS)の17億ドル(約2,437億円)での買収など、最近の投資も含め、KKRは気候変動に焦点を当てた、脱炭素セクターへの一連の動きを受けている。

本報告書はまた、AI技術の出現による気候変動関連の機会や、「エネルギー配給のフットプリントを再構築する必要がある」新しい形態のエネルギーにも注目している。

展望レポートが取り上げたその他のメガテーマには、「産業オートメーション」、「万物の安全保障」、「アジア域内接続」、「労働生産性/労働力開発」、「人工知能 」が含まれる。

【参照ページ】
Glass Half Full – Outlook for 2024

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る