シンガポール航空とスクート、2030年までに全燃料需要の5%にSAFを使用する目標を設定

11月14日、SIAグループの航空会社であるシンガポール航空(SIA)とスクートは、2030年までに総燃料使用量の5%を持続可能な航空燃料(SAF)に置き換えるという目標を発表した。

ここ数年間、同グループは、SAFの供給と採用を拡大するための業務上および商業上の考慮事項をよりよく理解するため、シンガポールおよび世界中のパートナーと緊密に協力してきた。SIAは、シンガポールの国際諮問委員会(IAP)のメンバーとして、同国の航空部門の脱炭素化ロードマップの策定において積極的な役割を果たしている。

2017年、SIAはシンガポール民間航空局(CAAS)と提携し、SAFの使用、燃料効率の高い航空機、最適化された運航を組み込んだサンフランシスコ発シンガポール行きのグリーンパッケージ便を12便運航。また2020年、SIAはスウェーデンの空港運営会社Swedaviaと1年間のパートナーシップを結び、ストックホルム-モスクワ間のSIA便に空港の燃料給水栓システムを通じてジェット燃料とSAFの混合燃料を導入した。本提携により、再生可能燃料のロジスティクスと調達に関するグループの理解が深まった。

2023年9月、SIA、CAAS、GenZero1は、20ヶ月間のSAF試験運用を終了した。本試験では、1,000トンのSAFが輸入され、シンガポールで混合、チャンギ空港の燃料給水栓システムを経由してSIAとスクートのフライトに搭載された。信頼できる業界標準である持続可能な生物材料に関する円卓会議(RSB)のブック&クレームシステムを通じて、同等の1,000SAFクレジットが生成され、これは約2,500トンのCO2削減に相当する。本クレジットは、企業や貨物輸送業者に提供され、CO2排出量を削減すると同時に、新興のSAF産業の発展を支援する手段として活用された。

本試験運用により、シンガポールの持続可能な燃料の運用態勢が再確認され、SAFクレジットの取引が信頼と透明性のある方法で行われることが確認された。SIAは、企業におけるSAFへの認識と支持を高め、ブック&クレームシステムの信頼性を構築し、SAFの採用を拡大する努力を奨励するため、業界のパートナーとその学びを共有している。

【参照ページ】
(原文)Singapore Airlines And Scoot Set Target To Use Sustainable Aviation Fuel For 5% Of Total Fuel Requirements By 2030
(日本語参考訳)シンガポール航空とスクート、2030年までに全燃料需要の5%にSAFを使用する目標を設定

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る