ICVCM、コア・カーボン原則の評価と作業部会を開始

11月1日、国際的なボランタリーカーボンクレジット基準策定ガバナンス機関ICVCMは、コア・カーボン原則(CCP)評価フレームワークに照らした、カーボンクレジット発行プログラムとクレジットカテゴリーの評価を開始した。

審査が完了すれば、CCP適格とみなされたプログラムは、CCPが承認したクレジットカテゴリーからCCPラベル付きクレジットを発行できるようになる。

CCPラベルは、活力あるグリーン経済の成長を支援するため、グローバル・サウス(南半球)の国々への資金の流れを加速させることを目的としている。

ICVCMは、カーボンクレジットのカテゴリーを評価するプロセスの一環として、組織内外の専門家で構成されるカテゴリーワーキンググループを設置した。同時に、迅速な評価が困難だったカテゴリーについて検討するマルチステークホルダーワーキンググループ(MSWG)も設立された。

ICVCMは今回、申請を発表した最初の主要プログラムがゴールド・スタンダードであったことを明らかにした。審査結果は、「プログラム承認」「条件付きプログラム承認(2か月以内に是正措置完了」「プログラム却下」の3段階で判定される。

【参照ページ】
(原文)Core Carbon Principles assessments and Working Groups now underway
(日本語参考訳)ICVCM、コア・カーボン原則の評価と作業部会を開始

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る